高血圧治療薬であるオルメテックについて

多様な錠剤

普段から血圧が高めの人や、起床時や眠っている間に血圧が高くなってしまう人は、血液の状態をしっかりとコントロールしてくれる薬があれば良いと思っているのではないでしょうか。
そんな方にぴったりなのがオルメテックという薬です。

オルメテックは、ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)と呼ばれる薬で、比較的最近になってから開発された降圧剤になります。
この薬は副作用があまりないことと、効果に持続性があることが大きな特徴となっています。

オルメテックの効果とは?

オルメテックは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれるタイプの降圧剤です。
従来からあるカルシウム拮抗薬やβ遮断薬、利尿剤などにくらべると副作用が少なく、また持続性の点でも優れています。
現在では高血圧を治療するときの第一選択薬となっていて、病院でこのタイプの薬が処方されることも増えてきています。

この薬は1回服用すると持続的に血液の圧力を下げる効果が得られるのが特徴で、通常は1日に1回服用するだけで血圧を安定的にコントロールしてくれます。
同じく高血圧症の治療薬であるβ遮断薬とくらべると、心臓への負担をかけずに降圧効果を得ることができます。

また、オルメテックは利尿剤などのように強制的に血圧を降下させるタイプの薬ではないので、身体に負担をかけることなく使用することができます。
この薬は、そのほかの治療薬とくらべるとゆるやかに血圧降下作用を示すのが特徴となっています。
そのため、服用したさいに過度の血圧降下を引き起こすことがなく、効果が安定的に現れる薬となっています。

オルメテックの有効成分となっているのは、オルメサルタンメドキソミルです。
オルメサルタンメドキソミルには、人の身体が血圧を上げようとするときに働く仕組みであるレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系を阻害するという作用があります。

レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系では、アンジオテンシンIIと呼ばれる生理活性物質が産出されて、血圧を上げるためのさまざまな仕組みに関与しています。
オルメサルタンメドキソミルは、このアンジオテンシンIIがその受容体に結び付くのを妨げることで、血圧の上昇をストップさせるという効果を持っています。

アンジオテンシンIIという生理活性物質にはいくつかの働きがあります。
たとえば、細胞内にカルシウムイオンを流入させることで血管を収縮させる働きや、副腎皮質に作用して血液の量を増やす働きのあるアルドステロンというホルモンを合成・分泌させる働き、近位尿細管のちかくでナトリウムイオンの再吸収をうながすことで塩分濃度を高くする働きなどです。

これらの相互作用によって、人の身体の血管は収縮し血圧が上昇することになるのですが、オルメテックはこのシステムに働きかけてストップをかけることで、血圧の上昇を防いでくれるのです。

オルメテックは長期維持療法に適している

オルメテックはほかの治療薬とくらべると、長期維持療法に適している薬だとされています。
それにはいくつかの理由があります。
まず、作用時間が長い点や副作用が少ないことなどがその主な理由となっています。
それに加えてオルメテックは、心臓や腎臓などにかかる負担を減らして臓器を保護する働きを持っているというのも理由の一つです。

オルメテックに持続性があることには、この薬の有効成分であるオルメサルタンメドキソミルの血液中の半減期の長さが関係しています。
同じアンジオテンシンII受容体拮抗薬のなかでも、従来の製品は血液中の半減期が短く、人によっては時間の経過によって血圧が変動してしまうことがありました。

しかし、オルメテックは血液中の半減期がおよそ6時間と従来品よりも長く、効果もほぼ24時間にわたって得ることができます。
オルメテックを飲んだ場合、薬を飲んだ後の血圧の変動が少なく、それによってかかる身体への負担も減らすことができるため、長期維持療法に適しているのです。

次に、副作用が従来の治療薬にくらべて少ないという点を理由としてあげることができます。
従来の治療薬であるカルシウム拮抗剤には、血管が拡がりすぎてむくみが出るという副作用がありました。
また、アンジオテンシンII受容体拮抗薬の類似薬であるアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)には、空咳や喘息などの症状が出やすいという副作用があります。

オルメテックでは、こういった副作用は改善されています。
β遮断薬で見られたような徐脈の副作用もありません。

薬を飲んだ後に急激に血圧が下がることもあまりないため、低血圧にともなう頭痛やめまい・動悸などの副作用が現れることも少なくなっています。
飲み始めのころには、倦怠感や頭痛などの副作用が出ることもありますが、使用を続けるにつれてこれらの副作用は少なくなっていくとされています。

心臓や腎臓への臓器保護作用も、オルメテックの有効成分であるオルメサルタンメドキソミルによってもたらされるものです。
アンジオテンシンIIには、免疫機能に関係のあるサイトカインというタンパク質の産生を促すという働きがあります。
このサイトカインが血液中の炎症を引き起こして血管を傷つけてしまうのですが、オルメテックはこの働きを抑えることで、心臓や腎臓などの臓器が機能低下することを防いでくれるのです。

このように、オルメテックは副作用が少なく作用時間が長いことなどから、長期的に使用しやすい薬となっています。

高血圧の症状や定義について

それでは、この病気にかかると具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか。
この病気の症状としては、動悸やめまいなどの症状を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、初期にはこれと言った自覚症状が出ないことがほとんどです。
そのため、この病気は沈黙の殺し屋(サイレント・キラー)と呼ばれることもあります。

高血圧にともなう自覚症状は、実はそのほとんどは合併症によるものです。
血圧が高い状態が続くと、まずは血管に負担がかかり、それが身体のあちこちにある臓器や脳などにも影響を及ぼすことになります。
つまり、この病気の症状は、臓器や脳など身体のほかの部分への影響が見られるようになって初めて現れるものになります。

まず、血圧が高いと頻繁に動悸が起きたり、運動をしたときに息切れしやすくなったりします。
これは、心臓の機能に負担がかかっているときに現れる症状です。
この病気にかかっている人は、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患の症状を示しやすくなっています。

合併症としてこれらの症状が出ている場合には、血液が流れにくくなって不整脈が起こりやすくなるため、心臓が強く脈打つ動悸になったり、すぐに息が上がる息切れの症状を起こしやすくなります。
心臓への合併症がさらに進むと、心不全や心肥大などの症状が現れることもあります。

次に、めまいや頭痛などの症状は、脳の血管に負担がかかっている場合に生じます。
こういった人では、脳の血管内を流れている血液の量が異常に増えてしまっています。
そうすると、拡張した血管が脳の神経を圧迫し、頭痛やめまいなどの症状を引き起こしてしまうのです。
頭痛やめまいの症状が出ている人では、重大な脳の病気にも進行しやすく、重症化してしまった場合には脳梗塞やクモ膜下出血などに至ってしまうケースもあります。

高血圧の人は、気持ちが高ぶりやすくイライラしやすいのも特徴です。
こうした症状は、血圧が上がることによって体が興奮状態となり、交感神経が刺激されるためです。
イライラした状態はさらに血圧を高めてしまうため、悪循環を繰り返してしまうことになります。

高血圧の一般的な定義は、収縮期で140mmHg以上、拡張期で90mmHg以上の状態が続いていることとなっています。
しかし、血圧は1日を通して常に変動しているため、測定をした時には低くても、そのほかの時間帯では血圧が高い人もいます。
こういった状態のことを仮面高血圧と呼びます。